眠眠カフェイン

横になって読みたい寝言

眠眠カフェイン

出会い系きっかけで3か月同棲した話 2/3(生活編)

(出会い編)からの続きです。

 

大塚は文学と、山手と、アジアンと、風俗と、いくつかの風が交じり合う街だった。結果なんにも匂いしないけど。

 

僕は朝、無理やり起こされてZを見送ると、まだシャッターの閉まっている街の片隅に座り込んで煙草を吸った。当時の一張羅は上下ともZからの借り物。シャカシャカ素材の緑の短パンに、鉄腕アトムのパチモンみたいなイラストが書いてあるラグランTシャツ。当時の僕は痩せこけていて、髪は銀のメッシュである。どう見てもあやしい。たまたま街に降りたところを保護された狼少年のようだった。

 

お昼になるとおにぎりを買いに行く。
専門店の手づくりで、優しい味がしみるのだった。

 

f:id:nemuhiko:20190912211131j:plain

金がない

大塚から都電で大学に通う新生活は新鮮だったが、大きな問題があった。シンプルに金がすり減っていく。Zの家に買い置きのコーヒーはないし、往復の交通費も無駄にかかる。でもバイトに行くのは嫌…ということで、すっかり困ってしまった。

実家には極力帰るまいと思っていた。なんかいいじゃない?女の家から学校みたいなダメな感じのも、太宰みたいで。

 

そんな人間失格の日々で、僕は画期的な方法を編み出す。
Zを雇い主にするという荒業だ。


f:id:nemuhiko:20190912211100j:plain

なにも体を売るわけじゃない。

Zは意外にも賢い大学で化学を学んでいて、授業によっては前もって結構な量の論文(英語)を訳す必要があった。実験続きの生活の中ではなかなか骨の折れる作業だと常々グチっていたので、文系の僕がその面倒を買って出たのだ。ページ400円で。なんかいいじゃない、女から金とかそういうダメなの。啄木みたいで。
学生が払うにはなかなかな金額にも思えるが、Zが開業医の娘だったので成立した。

知らない単語が数珠つなぎの古文書みたいな文章を訳していく。この時期の影響で、僕は面倒なことが起きたときに、「あー、メンデレーエフ」とつぶやくようになった。元素の周期表をつくった人の名前だ。


仕事はつくるものだ、と敬愛するみうらじゅんさんは言う。しかしこの仕事は思いのほか大変だった。ライティングでいったら体感ページ0.2円くらいだ。普通にコンビニで働いた方が数倍割りは良かったと思う。

うーん、うーんと唸りながら、数時間。買えるのはタバコと電車賃とおにぎりのみ。とても夜ご飯は買えず、Zの善意に甘えて2人分作ってもらうしかなかった。たとえそれが実験の延長のような料理でも。

料理が下手な理由の9割は要らん創造性からきている、という真理を知った。なんでも洋風にアレンジするんじゃねえ!


自転車

そんな生活にも青春があった。たとえば一緒に自転車を二人乗りしたとき。大塚から水道橋方面に向かうと長い坂道があって、そこを”ゆず”しちゃおうと思ったわけだ。彼女は田舎を思い出せるし、僕は男子校時代の憧れを具現化できる。win-winの関係と言えた。

ところが、Zがもっていた自転車が鳴らす音はウィンウィンどころかガクンガクンだった。明らかに二人乗りに向いたヤツじゃないし、フレーム細細ほっそほその、車高高高たっかたかだったのだ。お前またヴィレヴァンで買ったのか!長く使うものを買うときはやめろとあれほど言ったのだろう!

 

 

もうしらん。(こぎはじめる僕)

いざゆかん。(武者震いするZ)

 

やったことがある人は分かると思うが、後ろに乗った人の方が重い(かもしれない)状態での2人乗りはとんでもなく厄介だ。

,
,
,

🚴
.
.
.
🚲
.
.
.
🚙
.
.
.


f:id:nemuhiko:20190912211244j:plain

ドチャーン💥!


案の定こける。膝を破壊された僕はあぐら姿でフリーズする。東京ドームをバックに、すっくと立ち上がるZの姿が見える。すっかり日焼けしたその姿は、当時ミレニアム打線で猛威を振るっていた読売ジャイアンツのドミンゴ・マルティネスに重なる。

 

しかし見た目いじりもここまでだ。
ZはZで万年いじられキャラを卒業すべく、本格的にダイエットに向けて動き出すのであった。

 

(サヨナラ編)に続く